TOP  >  事業分野から探す-情報通信

製品詳細

情報通信

情報ハイウェイ構築に貢献

高度情報化通信社会といわれる現代は、光ファイバーによる情報通信ネットワークにより支えられており、都市の中心部や都市間の主要幹線道路など情報通信ニーズの高い区間において光ファイバー収容空間の整備が行なわれてきています。

当社においては、そのような社会ニーズに応え、通信・CATVなどの光ファイバーケーブルを道路の地下空間に、コンパクトで低コストな構造物を用いて収容する「情報Box」へ積極的に取り組むなど、情報ハイウェイ構築に貢献してまいりました。

情報通信:写真

情報BOX

情報BOX用ハンドホール・マンホールは光ケーブルを地中に敷設するにあたり光ケーブル接続部、分岐部、車道横断部、余長確保部、橋梁部前後などに設置します。当社ではハンドホール設置現場、都市計画などの様々な状況、仕様に応じて、設計、製作を行っております。また、橋梁添架部における光ケーブル管路材の支持金物の強度計算、設計、製作も行っております。管路材においては、増管可能なソフトダクトや長距離を一括で布設可能なCOD等を取り扱っております。
情報BOX分野のあらゆる場面においてシステムでご提案いたします。

  • prev
  • next