TOP  >  事業分野から探す-ductwire  >  電線共同溝用狭隘道路向け軽車道型鋳鉄蓋(DPS-HS)

製品詳細

電線共同溝用狭隘道路向け軽車道型鋳鉄蓋(DPS-HS)

軽車道仕様の全面開放特殊部により、生活道路での電線地中化を実現。

    • 無電柱化
    • 鉄蓋
    • 電線共同溝

平成16年4月に策定された「無電柱化推進計画」より、適用箇所も歩道幅員2.5m~歩道なし(車道部)まで拡大され、歩車共存道路の環境においても無電柱化を実現できる構造物のニーズが高まってまいりました。 特に狭隘道路や、それに近い道路では既設ライフライン等の移設場所が少なく、従来の車道タイプであるマンホール構造(部分開放型)では、深さ1.8m以上確保の規定により、適用が難しいケースもあります。
こうした皆様のご要望に応え、軽車道仕様の全面開放用鉄蓋をDPS構造で開発した商品です。(ボックス型部分開放に比べ浅層埋設化が図れます)

※画像クリックで拡大

導入実績

  • 関連商品