TOP  >  事業分野から探す-maintenance  >  ケーブル保護可とう管 DRP-Cタイプ

製品詳細

ケーブル保護可とう管 DRP-Cタイプ

美観を考慮した活線状態でも施工できる可とう管

    • 保守メンテ、工事・工法
    • 管路材・継手

DRP-Cタイプはラセン状に分解できるので、露出したケーブルを活線状態のままで施工し、保護できます。
 
地中配電線における需要家建物の屋側立上り部、及び、高・低圧ケーブル、通信ケーブル等の立上り部での防護管としてご使用いただけます。
 
DRP-CタイプはZAM鋼板を使用しているので、耐食性があります。
 
表面には、ポリエステル系樹脂紛体塗装を施しているので、耐食性に優れ、美観を長時間にわたり維持します。
 

サイズ一覧

品名 内径(mm) 外径(mm) 全長※1(mm)
DRP40-C クリーム
ブラウン
44 49 500,1000,2000
DRP50-C 55 60
DRP80-C 85 89 500,1000

※1 表記以外の全長をご検討の場合はご相談ください。

導入実績

  • 関連商品