TOP  >  事業分野から探す-quake  >  EPスライダー(地震・地盤沈下・液状化対策製品)

製品詳細

EPスライダー(地震・地盤沈下・液状化対策製品)

樹脂管路において、軟弱地盤の不等沈下によるケーブル埋設管の損傷を防止する耐震材料

    • 地震・地盤沈下対策
    • 管路材・継手
    • 電力

商品一覧

EPスライダー
 

EP管(ステンレス製可とう電線管)と伸縮管を組み合わせた耐震材料です。

EPスライダーはFEP(エフレックス)や樹脂管路において軟弱地盤の不等沈下によるケーブル埋設管の損傷を防止します。

伸縮部の移動量は最大200mmで、標準位置は、伸縮量を0mm~+200mmでセットします。

EP管の長さは変更可能可能ですので御相談ください。

EP管の端部はベルマウスブッシング付き、伸縮管側の端部は鋼管となっていますが、接続方法に応じて継手付きとすることができます。

 

42-01-01.jpg 42-01-02.jpg


 

●寸法表  <単位:mm>

品目番号 サイズ ΦD0 Φd0 ΦD2 Φd3 ΦD3 製品
X1852 50 60.5 57.5 76.3 50 70 受注生産品
X1854 80 89.1 85.1 101.6 78 98
X1855 100 114.3 110.3 127.0 98 118





短管付きEPスライダー

EPスライダーのベルマウスブッシング(EP管側)の代わりに短いステンレス鋼管を取り付けた製品です。

短管付きとすることで、防水管などが埋まっている壁面にも対応できます。

端部は、接続方法に応じて継手付きとすることができます。

 

42-02-01.jpg 42-02-02.jpg

●寸法表  <単位:mm>

品目番号 サイズ ΦD0 Φd0 Φd1 ΦD2 Φd3 製品
X2200 50 60.5 57.5 52.5 76.3 50 受注生産品
X2201 80 89.1 85.1 81.1 101.6 78
X2202 100 114.3 110.3 106.3 127.0 98

国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課監修 公共建設設備工事標準図(電気設備工事編) 平成22年度版 参照



短管付きEPスライダーを適用した施工例

42-02-03.jpg

導入実績

  • 関連商品